スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

コミックボンボン休刊 

講談社:「コミックボンボン」休刊へ 来春に新雑誌創刊 〔 まんたんウェブ

以前から噂されていましたが、遂に正式に発表されましたか。ご冥福をお祈りします。・゚・(つД`)・゚・
まぁ実際のところ、何年も前からコロコロのライバルではなくなってましたわな。発行部数違い過ぎ。
唯でさえコロコロに比べて水を開けられていたところ、大判化以降は更に店頭で見掛ける部数が減っていっており、書店によっては完全に「コミックアライブ」並みに見掛けるのに苦労する雑誌と化していましたからねぇ。休刊には全く驚きませんわ。
12月号で休刊という事で、最終号は死に水を取るという事で購入しようと思っております。

気がかりなのは「SDガンダム三国伝」「機動戦士ガンダムALIVE」「SDガンダムフルカラー劇場」がどうなるかですね。特に「SDガンダム三国伝」は一番気に入っている作品な上、始まったばかりの三国伝のメディアミックスにおいて重大な位置を占める作品な訳ですから、バンダイの力をもってしてなんとしても継続してもらいたい。

「月刊少年ライバル」という中学生向けマンガ誌を来春創刊するとの事ですが、基本的に小学校高学年がメインターゲットであったボンボンとは対象層が異なりそうですなぁ。こうなると、上記3大ガンダム漫画が移籍するのはチト難しいか……。まぁぶっちゃけガンダム漫画は、出版社を超えて「ガンダムエース」に移籍してくれるのが一番望ましいんですけどね。小学校高学年のガンダムファンって、現在ではガンダムエースの方をメインで読んでるだろうし。

それにしても、現在のボンボンは「ONE PIECE」が連載されているのですな……。Σ (゚Д゚;)
スポンサーサイト
[ 2007/07/17 23:46 ] 漫画 | トラックバック(0) |

京都国際マンガミュージアムなんてのができるのか~ 

各国語版「ドラえもん」など収蔵、まんが博物館開館へ 〔 読売新聞
「京都国際マンガミュージアム」という全国初の漫画博物館が京都に開設されるのですね。
いや~このニュース見るまで全然知りませんでしたよ。これでまた京都の観光名所が増える訳ですな。公式サイト見ると、まんだらけで高値で売れそうな本が一杯ですな。(笑)
博物館という事ですが、蔵書は実際に手に取って読む事ができるのでしょうか? まぁこれだけの蔵書となると、表紙を眺めるだけでもかなり楽しいと思いますが。

手塚治虫記念館でも手塚作品に関しては色々業績に触れる事ができますが(単行本を読めるコーナーもある)、それだけでなく日本の漫画史を俯瞰的に把握できる博物館の誕生は嬉しいです。
京都は楽に行ける距離ですから、一度行ってみたいですね。
[ 2006/11/23 00:10 ] 漫画 | トラックバック(0) |

石川賢 死去 

石川賢氏(いしかわ・けん、本名・賢一=けんいち=漫画家)15日、急性心不全で死去。58歳。 〔 読売新聞
高千穂遙氏のブログでも詳しい情報が。
58歳ってなぁ……ゲッター線と同化するには早すぎるよ……。自作品のように人生まで「第一部・完」な唐突な終わり方をするなんて……。
好きな漫画家で古本屋でもついつい手にとって見てしまう事が多く、ついこの間ウィキペディアでの解説を読んだばかりのところでしたので、今回の訃報は大変残念です。謹んでご冥福をお祈りします。
[ 2006/11/18 23:17 ] 漫画 | トラックバック(0) |



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。