スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

「House of the Dead」「Alone in the Dark」の映画が失敗した原因は監督かぁ 

■ 窮地に立たされたゲーム系映画監督 〔 4Gamer.net
折角映画化されたのに内容がカスで興行的に大失敗する映画は結構ありますが、その一部はドイツ人監督ウーヴェ・ボル氏が元凶らしい。

 実際,2005年の「Alone in the Dark」は,2000万ドル(約21億円)の製作費ながら820万ドル(約8億6000万円)の興行収入しかあげられなかった。「BloodRayne」(2006年)では若手俳優ミシェル・ロドリゲスを主役に起用して2500万ドル(約26億円)の製作費を投じたものの,興行収入はワールドワイドで365万ドル(約3億8000万円)という具合だ。さらに,7000万ドル(約73億円)という巨費を投じた「In the Name of King: Dungeon Siege」(2008年)にいたっては,投資額の15%ほどに当たる1100万ドル(約11億5000万円)しか回収できていないというありさまだ。


ちょ、興行成績が凄まじすぎるんですが……。「アローン・イン・ザ・ダーク」はFMタウンズ・ユーザーとしては思い入れのあるタイトルだったので、映画が失敗したのは残念だったのですが、全部こいつのせいかよ。ヾ(*`Д´*)ノ" 「ハウス・オブ・ザ・デッド」もゲーセンで楽しんだタイトルだったというのに……。
この惨状にもかかわらず、

「マイケル・ベイのような間抜けと,オレを一緒にしないでくれ。5月23日に公開されるPostalを見たなら,オレがここ10年誰もしていないことを達成していることを理解できるだろう。目を覚まして,オレはこの業界でたった一人の天才だってことに気付いてくれよ」というかなり挑発的なコメントもしている。


ここまで放言できる根性が素晴らしすぎ。なんぼなんでもベイの阿呆の方がアルマゲ丼とかTFをヒットさせてる分比較にならんぐらいマシだろ。
こういうゲームを食い物にしてる糞監督はメチャ許せんよなぁ~。ゲームメーカーはこいつに権利を絶対に売らない様スクラムを組むべきだね。まぁこんなのが映画監督としてやっていけるというのが世の中の不思議な点である訳ですが。w
スポンサーサイト
[ 2008/05/29 23:44 ] 映画 | トラックバック(0) |

気になる映画の予告編~ 

アイアンマン
発端の舞台がベトナムから、アフガンかイラクに変更になってるっぽいですな。主役は原作の顔にそっくりですね。アイアンマンのデザインは、元のデザインを上手くブラッシュアップして昇華していると思います。「トランスフォーマー」のオプティマスは、原作より大幅に顔がキモいデザインに改悪されていたのに、なんでこっちはこんなに原作デザインに忠実なんでしょうか? 羨ましいなぁ。

仮面ライダー THE NEXT
別に期待していなかったのですが、予告観るとアクションシーンはかなり良い出来でなくって? 結構凝ったカメラワークしてるし、TVの方では殆ど観られないスピード感溢れるバイクアクションもあるし。 これはレイトショーでもやっておれば観に行っても良いかも。作り手が白倉・井上・田崎のエヴァンゲリオン大好き人間3連コンボ(苦笑)という事で過大な期待は禁物だと思いますが、この予告観て俄然興味が湧いてきましたよ~。
[ 2007/09/22 21:13 ] 映画 | トラックバック(0) |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 

公式サイト

一昨日「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を鑑賞してきました。
わざわざ「エヴァンゲリオン」ではなく「ヱヴァンゲリヲン」とタイトルを変えてきたのが、ガイナックスのへそ曲がりぶりを表している様です。

公開日である9月1日が丁度、毎月1日の1000円で鑑賞可能な映画の日サービスの日だったので、「これは10月1日までは上映していない可能性が高いから、安く観るには今行かないと損だ」と考えさっさと観に行って参りました。

今回面倒臭かったのは都市中心部だとシネコンではなく小規模の映画館でしかやっていない事で……。「劇場版機動戦士Ζガンダム」の1作目とほぼ同様の状況ですが、あれよりも上映されている郊外のシネコンの数が少し多いのがせめてもの救いか。小規模の映画館で観るのはなるべく避けたいので、郊外のシネコンまで足を運んできました。初日かつ映画の日という事でお客は大入りでしたが、どうも大阪中心部の方は人が集中してかなり混んでいた様で。今後の興行成績がどうなるか興味深いところです。

前の劇場版のラストはTV同様に「ハァ?」って感じでよく判りませんでしたし、その後のスタッフインタビュー等でTVシリーズではそもそも24話までのストーリーしか考えられておらず「まともなラストなんざ最初からスタッフにとって考慮の外で、あの尻切れトンボな変な終わり方は基本的に予定通りだった」と判明するに至ってはヤレヤレ……としか言いようが無く、私自身はすっかり熱は冷めちゃってたんですよ。近年はあの頃の事を回想して「アレは若気の至りだった」と思うくらいで。(苦笑)
とは言うもののTVシリーズは24話までは大変面白く、毎週楽しみにしていた大好きな作品だったのは厳然たる事実であり(DVDも予約して買ったしなぁ)、なんだかんだでやっぱり今でも好きだったりする気持ちも否定出来ん訳で。そんなこんなで新劇場版もやっぱり展開が気になってしまい、ついつい観に行っちまった次第です。まぁどうせ「完結編」はまたしても精神セミナーみたいな内容なんでしょうけどね。(^_^;

私としては元来エヴァに望んでいた展開(最後に敵のアジトに殴り込みかけて大団円)は「蒼穹のファフナー」が見事に描いてくれちゃってるんで、そこら辺に関しては「ファフナー」というエヴァをブラッシュアップした感じの作品があるからもういいかという感じなんですよね。現在では「ぼくらの」という、これに比べればまだエヴァは描写が甘かったよなぁと思わせてくれるシビアな描写が売りな作品を楽しんでおり、近年はそういったエヴァの影響下にある作品群に見るべきものが増えているので、正直今更エヴァかよというのがありました。
今回は総集編という事で「『機動戦士Ζガンダム劇場版』が儲かったからって速攻真似るこたぁないのによぅ」とか思いながら観に行ったのですが、これがいざ観てみてるかなり丁寧な作りでなかなか良い感じなのですよ。総集編として話は綺麗に纏まめられているし、作画のレベルも結構高く、なかなか面白かったです。1000円で観るなら損は無いと断言できる内容でした。

以下ネタバレ
[ 2007/09/03 23:09 ] 映画 | トラックバック(0) |

「ナイト ミュージアム」観に行ってきました 

試写会が当たったので「ナイト ミュージアム」を観に行ってきました。

ジャンルとしては、「ジュマンジ」みたいな系列の家族で楽しめるコメディ・ファンタジー・アドベンチャーという感じで、なかなかの内容で満足して帰ってきました。

自然博物館の所蔵物が閉館後の夜中に動いていて……という話なのですが、このアイデアはなかなかに素晴らしい着想で、ワクワクさせられました。考えてみれば今迄本格的に映画化された事がないのが不思議なぐらいなアイデアですが、「ナイト ミュージアム」では現在のCGIを駆使してこちらの期待に違わない映像を描き出してくれて、映像面では全く不満が無かったです。

1夜目の展示物紹介がドタバタ調でちょっとタルくて眠くなったのですが(ここら辺はもう一工夫して欲しかったところ)、2夜目から話が動きだしてギャグも良い具合で、ラストもきっちり締まって、終わってみればかなり楽しめた一品でした。

ハリウッド映画として普通に面白く、良作の歴史がまた1ページという感じで(邦画だったら高レベルに匹敵)、見て損は無いと思います。
私ももう一回自費で観に行くか迷っおります。(^ ^;)

話の展開手法はこの類の作品としては王道的な展開で、あまり奇をてらったものではないですが、それだけに誰もが楽しめる作品という印象でした。ただ、歴史上の人物も活躍するので、欧州~アメリカの歴史について知っている方がより楽しめます。ここら辺は視聴者の年齢によって違った楽しみが出来る感じでしたね。

主人公がスピルバーグの「宇宙戦争」の主人公と同じ様な設定なのですが、映画自体はこっちの方が遥かに上だと思う次第です。(「宇宙戦争」が酷過ぎるのもありますが)
[ 2007/03/14 23:27 ] 映画 | トラックバック(4) |



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。