スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

どうにもアフガンの状況が思わしくない。確実に悪化している 

体操中の警官狙い自爆テロ、9人死亡25人負傷…アフガン 〔 読売新聞 〕 
> クンドゥズを州都とするクンドゥズ州は、タジキスタンと国境を接し、これまでタリバン絡みの事件はほとんど報告されていなかった。タリバンの司令官を名乗る男は、ロイター通信に対し、「自爆テロ犯はアフガンのすべての都市に潜入し、命令を待っている」と語った。

北部のクンドゥズでテロだと……Σ (゚Д゚;) うううむむむ、これはショックです。南部の方は色々騒々しいですけど、北部や西部の方はもうわりと安全なのかと思っていたのですが……。これはもう確実に治安が悪化している証左に他なりません。アフガンの状況は後退し、悪化している。

アフガンの民間人死者、昨年は899人…国際人権団体発表 〔 読売新聞
結局一番被害を蒙るのは民間人な訳で、やりきれません。

米海兵隊特殊部隊、アフガンで住民10人射殺か…米紙報道 〔 読売新聞
アメリカも一体何をやっておるのやら……。住民の支持なくしては話しにならんというのに。
ここまでやっておきながら一向にビンラディン、オマル他のタリバン首脳部を確保出来ないとは、正直やる気を疑う気持ちになってきますな。ハタから見ていると。

タリバーンの反政府テロ続発で治安悪化懸念、アフガン 〔 朝日新聞 〕
ううむ……どんどんドツボに嵌っていっているとしか思えません。このままでは第2のイラクと化しかねない……。ここはもう各国が総力を挙げて復興を支援するしかない。
衣食足りて礼節を知る。まともな暮らしができる様になれば、住民の支持をタリバンから引き離せます。
取り敢えずカルザイは日本の満州での政策を参考に、ケシ栽培の国家管理にさっさと乗り出すべきです。
スポンサーサイト

TV番組感想:「ETV特集 アフガン戦争 ~米ソ介入 秘められた真実~」 

アフガン関連の内容という事で、13日の夜に放送された、「ETV特集 アフガン戦争 ~米ソ介入 秘められた真実~」を視聴しました。
最近公開されたというクレムリンの内部資料を基に、アフガン戦争に至る過程および内戦時のアフガニスタンとソ連やアメリカとの関わりについて色々と語られており、なかなか興味深い内容でした。
当時のソ連軍の将校や、アミンの奥さん(存命だったのね)、ラバニといった面々へのインタビューも行われており、結構力の入っているドキュメンタリーだと感じた次第です。同じくインタビューを受けていた人で、マスードの写真を後ろに飾っていた指揮官は、多分同じイスラム協会で戦っていた人物だと推測されます。

ハルク派とパルチャム派の抗争など言及されていない事象も多々ありましたが、尺の関係ではしょったというところでしょうか。

カブールでムジャディディ上院議長を狙い自爆テロ 

カブールで元大統領を狙った自爆テロ、市民2人死亡:読売
上院議長狙い自爆攻撃 アフガン、市民2人死亡:共同
元大統領って誰やねんと思ったら、ムジャディディ氏か。現在では上院議長と、タリバンの投降を促す政府和解委員会の委員長をやってるのね。本人の立ち位置を考えると妥当な職だと思う次第であります。自爆テロ食らっても無事なのは、流石既に歴史に名を刻んでいる人間というべきでしょうか。

>死亡した通行人は小学生くらいの子供とその祖父という。
これが悲し過ぎる……・゚・(つД`)・゚・
カブールもまだまだ安全とは程遠いですなぁ。
首都ですので当然人の出入りが激しいでしょうから、テロリストを事前に特定するのは難しいでしょうし、一体どうしたらよいものか……。

ブッシュ米大統領がアフガンを電撃初訪問 

ブッシュ米大統領がアフガンを電撃初訪問
朝日新聞毎日新聞京都新聞
>ブッシュ米大統領は1日、インド訪問の途上でアフガニスタンを電撃訪問し、カルザイ大統領と会談した。会談後の記者会見でブッシュ大統領は「世界中の人々がアフガンの経験を見守っている」と同国の民主化をたたえた。ブッシュ大統領の同国訪問は初めてで、カルザイ大統領を側面支援する狙いがある。
ブッシュは今回がアフガン初訪問な訳ですが、確かにいきなりですな~。滞在はたった4時間という事で、実質的にカルザイ大統領の激励以外は何もなかったと思いますけど、カルザイ大統領としては有難かったと思われます。ブッシュがアフガンという国を直に見て、どういう感想を持ったかが気になるところ。
小泉もいっちょ訪問しちゃあどうだろうね。

アフガン復興支援国際会議開幕 

アフガン復興支援国際会議:今後5年間の支援枠組み決定へ
デーリー東北新聞MSN毎日
>今後5年間のアフガニスタン復興支援の枠組みを決める国際会議が31日、ロンドンで開幕した。国連や日米など70以上の国や国際機関が参加し治安や経済発展などに向けた国際的な支援策「アフガン合意」を始め、アフガニスタンの国際社会へのいっそうの復帰を促す。

とにかく、一層アフガンの復興が進む事を祈るばかりであります。国際社会が援助する気になっているウチにしっかり援助をGetしとかないと。(ノ´∀`)ノ



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。