スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

京都国際マンガミュージアムなんてのができるのか~ 

各国語版「ドラえもん」など収蔵、まんが博物館開館へ 〔 読売新聞
「京都国際マンガミュージアム」という全国初の漫画博物館が京都に開設されるのですね。
いや~このニュース見るまで全然知りませんでしたよ。これでまた京都の観光名所が増える訳ですな。公式サイト見ると、まんだらけで高値で売れそうな本が一杯ですな。(笑)
博物館という事ですが、蔵書は実際に手に取って読む事ができるのでしょうか? まぁこれだけの蔵書となると、表紙を眺めるだけでもかなり楽しいと思いますが。

手塚治虫記念館でも手塚作品に関しては色々業績に触れる事ができますが(単行本を読めるコーナーもある)、それだけでなく日本の漫画史を俯瞰的に把握できる博物館の誕生は嬉しいです。
京都は楽に行ける距離ですから、一度行ってみたいですね。
スポンサーサイト
[ 2006/11/23 00:10 ] 漫画 | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。