スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

北國新聞のコラムが凄い! 

今日のコラム「時鐘」 2007年1月10日  〔 北國新聞
> 韓国の盧武鉉大統領の不人気ぶりをさらけ出すような話が、また伝わってきた。日本海を「平和の海」と改名するように昨秋の日韓首脳会談で提案し、安倍首相にはねつけられた

> 韓国が「東海」と主張する呼称問題は、歴史研究者の間ではほぼ決着しており、十九世紀には「日本海」の表記が国際的に定着したとされている。勝ち目のない争いだから「平和の海」などという奇妙な名を持ちだしたのか

> 北陸の海岸線に大量のごみを漂着させ、島の領有をごり押しし、領海内での密漁を続けながら「平和の海」とは厚かましいにもほどがある。そうではなく、火だねが絶えず、それをきちんと片付ける力がないからこそ、「平和」という美辞でうわべを飾りたいのだろう

> 他人の振りを見て、我が身をただすべきである。たとえば「平和憲法」という言葉が叫ばれ続けて久しい。だが、たとえ独裁者や好戦家であっても、振りかざすのは「平和憲法」、「平和のための戦い」なのである

> 手あかにまみれたように平和の言葉を乱用するのは、人類の崇高な理念に対し、はなはだ礼を失することになる。隣の国に、良き「反面教師」がいた。


なんと清々しい文章か。よどみなく流れる様な筆致に感服しました。
地方新聞はてっきり反日の一翼を担う共同通信の引き写し記事がメインな新聞ばかりかと思っていたのですが、こういう骨のある新聞もあるのですなぁ。
漂流ゴミで直接的に南朝鮮から被害を蒙っている場所は一味違うというか。
『隣の国に、良き「反面教師」がいた。』は名文として広げていくべきですな。

まぁ、この新聞は残業代ゼロ法案には大賛成みたいなんで、かなり従米右派な新聞みたいですが。
スポンサーサイト
[ 2007/01/10 23:26 ] 時事関係 | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。