スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

フセインを処刑すれば済むってものじゃないでしょ! 

サダムの処刑場面を撮影した動画が出回っておりますが、独裁者も最後は哀れなものよのぅという感じですな。周りで「アッラー・アクバル」を連呼して熱狂している方々もイスラム教徒なんですよねぇ。まさに宗派間の対立を象徴するというか。

思えば「ふしぎの海のナディア」もこいつが引き起こした湾岸戦争のお陰で放送休止が続いた為、結果的に最後は高いクオリティで終わる事が出来たのでしたっけか。あの戦争がなければエヴァンゲリオンみたいなラストが数年早く現出していた可能性が高い訳で、その点ではナディアファンはサダムに借りがあるというか。w

サダムを処刑したところで事態が何かしら好転するという訳でもありますまい。むしろ宗派間の対立を一層煽る事となり、イラクの混乱は悪化する一方でしょう。
このイラクの混乱を見るにつけ、これを治めるにはもうサダム復権しかないとも思ったのですけどねぇ。ヤツは独裁者でしたが、現在の惨状をみるとまがりなりにもイラクを安定して統治していた功績は認めざるをえません。

サダムのミスは、馬鹿正直に大量破壊兵器を本当に破棄しちまってた事だな。1個でも露助あたりから核弾頭を調達しておれば、それだけでアメリカの侵略は防げたのにね。
スポンサーサイト
[ 2007/01/04 23:41 ] 時事関係 | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。