スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

大量破壊兵スカージ 

大量破壊兵スカージ・タイトルマイクロン伝説
テレビマガジン 限定スペシャル誌上オーダー
大量破壊兵スカージ

攻略不可能!! 大軍団をも蹴散らす闇の怪物!!

大量破壊兵スカージ スカージ・ビークルモード
「我が軌跡に続くは焦土のみ!」
彼は単独でサイバトロンとデストロンの両軍を圧倒するほどの、超絶的パワーを備えた怪物である。コンボイと同等の技能と反射神経を持って生み出されたが、彼の寛容さ、思慮深さといった美徳は何一つ持ち合わせていない、恐るべき邪悪の化身なのだ。彼の分身であり、破壊光線砲に変形するマイクロン・スウィープを携えたスカージは、全てのトランスフォーマーの脅威となって彼らに立ちはだかる。

パワー:10.0 / 知力:9.0 / スピード:10.0 / 耐久力:10.0 / 地位:5.0 / 勇気:10.0 / 火力:10.0 / テクニック:10.0

価格:テレビマガシン本誌500円+代金1280円(送料込み)


トランスフォーマー・マイクロン伝説の「MC-06 STDコンボイ」の色変え商品。
トランスフォーマー・カーロボットの「暗黒司令官ブラックコンボイ」に準じた、黒とメタリックグリーンの配色となっている。
マイクロン伝説放送中に実施されたテレビマガジン2003年9月号の誌上通販において、先着5000名が購入出来た。(実際に5000件以上注文が集まったかは不明)
ブラックコンボイのカラーを上手くSTDコンボイに落とし込んでおり、全く違った魅力を醸し出すTFに仕上がっている。おそらく、この塗装にあたってはは新たな塗装マスクが製作されたと思われる。
カラーリングの変更以外には何も改修等されていないので、元となったSTDコンボイの良い点も悪い点もそのままである。
STDコンボイはフロントグリル部分にウェザリング塗装がされていたが、スカージでは省略されている。これは、コスト削減の一環もしくは黒が主体となる配色バランスを考慮した為(あるいはその両方)と思われる。

TFのマイクロン伝説でのアニメ復活後、初のテレマガ誌上通販商品であり、以後3年に渡って年に一度は発売されたテレマガ誌上限定TFの嚆矢となった。
テレマガ本誌代を含めた実質的な代金1780円は元となったSTDコンボイの価格2079円よりも安く、以後昨年販売されたギャラクシーフォースの「ダークニトロコンボイ」に至るまで、TFのテレマガ誌上通販品は全て通常商品よりも低価格であった。この点、同じく色を変えただけにもかかわらず、通常商品よりも値上げする「トイズドリーム・プロジェクト限定商品」とは天地程の違いがある。

ブラックコンボイカラーのリカラー商品としては、元祖である「ブラックコンボイ(海外名スカージ)」、日本ではトイザらス限定で発売されたG2コンボイのリカラーの「スカージ」に続く3体目であり、以後ブラックコンボイカラーの悪のコンボイがリカラー商品として登場する流れを強固にした存在と言えよう。

マイクロン伝説アニメ劇中においては、1話のみ登場。地球からセイバートロンへと宇宙船で移動中のサイバトロン・デストロンと、謎の惑星で交戦した。
劇中ではビークルモードにトランスフォームすると、どこからともなくコンボイと同型ながら黒色のコンナナが出現し連結される。劇中ではまともに喋らず、倒しても倒しても復活するゾンビやモンスター的描写がなされていた。四つん這いでゴリラの様にダッシュしてくる様は、BWコンボイへのオマージュだったのかもしれない。
その正体は両軍の間で暗躍する謎のTFにして、ユニクロンの意思そのものである「ダブルフェイス」。という事はスカージはユニクロンの意思を体現した存在だったという事か?

海外名は「ネメシス・プライム」であり、マイクロン伝説の海外版である「アルマダ」のアニメでは、ビークルモードへの変形時に「I am Nemesis Prime!」と名乗りを上げていた。
海外では「ネメシス・プライム」の玩具が発売されたが、スカージとはカラーリングが異なり、胸・腿等のスカージではシルバーグレーで成型さけている部分が薄い黄土色になっている。これはオーガーをイメージしたとの事で、アニメでの活躍に影響されたと思われる(アニメの配色に近いのはスカージの方だが)。


「スカージ」という名称は、かつて「トランスフォーマー2010」に登場した「スウィープス参謀スカージ」が大元である。髭が生えた顔という、黒いコンボイとは全く接点の無い面であったが、カーロボットの海外版「トランスフォーマー・ロボッツ・イン・ディスガイズ」が展開された時に、何故かブラックコンボイの海外名に採用された。続いて「G2コンボイ(ヒーロー・オプティマス・プライム)」をブラックコンボイカラーにリカラーした商品にも「スカージ」の名が採用された。これを受けて国内においても、この誌上通販品で黒いコンボイに「スカージ」の名を採用したのであろう。
しかしながらこの時、黒いコンボイは海外においては何故か「ネメシス・プライム」という全く新しい名称で登場した。推測だが、これは同年に公開された「スター・トレック ネメシス」の影響ではないかと思われる。「スター・トレック ネメシス」ではピカード艦長のクローンが登場するのだが、「ネメシス」という単語に強大な敵というだけでなく、ドッペンゲンガーという意味も含ませていた。どうもそれに影響されて「スカージ」から「ネメシス・プライム」へと黒いコンボイの名前が変わったのではないかと推測する次第である。
この後、「トランスフォーマー・ユニバース」のラインで発売されたビックコンボイのブラックコンボイ風リカラー商品でも「ネメシス・プライム」の名が使用された。バイナルテックの海外版であるオルタネイターズでも、引き続きコンボイのブラックバージョンに「ネメシス・プライム」の名称が使用される予定である。


STDコンボイはロボット形態の可動を軽視していたマイクロン伝説のラインナップの中で、唯一フリーポーザブルを重視してBWからの路線を継承していた商品でした。まぁ脚が前に上がらないという、ついその時期の空気に流されてしまったと思わしき欠点がありましたが……(゚∀゚;) 。それでも足首が動くので、きっちりハの字立ちが可能な数少ないTFとして、マニアの間では好評価でありました。出来自体はビックコンボイには及ばないけど、総合的にはかなり良い商品という位置づけな感じかな。
そんなSTDコンボイですが、私は迅速には手を出さなかったんですよ。やはりコンテナが付いてないとビークル形態がなんか寂しいし、窓がクリアパーツでないのもカーロボ期に比べてなんかショボイ感じがしましてねぇ。
で、ビックカメラで買おうか買うまいか迷っていたところに、テレマガでブラックバージョンである「スカージ」の限定通販が……。カーロボのブラックコンボイはカラーリングがえらく格好良くてセンスが非常に良く、当時トイザらスでさっさと購入した(G2バトルコンボイを持ってなかったというのもありましたが)ぐらい気に入っているのですが(アニメ? 知らんな)、それに準じたカラーのSTDコンボイが出るとは……。表紙の写真を見てみると案の定、かなり良い感じで明らかに通常のSTDコンボイより格好良いじゃあないですか~ヽ(=´▽`=)ノ。しかもSTDコンボイより値段も安いときたもんだ。
テレマガをこの歳で買うのはいささか……というのがありましたが、「買うは一時の恥、買わぬは一生の恥」という感じで思い切って購入しました。結果的にこの時購入に踏み切って良かったですねぇ。買ってなかったら後でネット上のレビューを見て後悔したでしょうし、オークションでプレミア価格で手を出していたかもしれん。( ̄Д ̄;;

しかしながら、何故かリアルやネットのTF仲間で購入した人が少ないんですよ。こんなに格好良いのに……。どういう事かしら?(゚∀゚;)
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。