スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

ライダーマスクディスプレイ 仮面ライダー旧1号編 

仮面ライダー旧1号マスクバンプレスト ライダーマスクディスプレイ
仮面ライダー旧1号編


バンプレストからプライズの景品として発売された、全ての仮面ライダーの原点である「仮面ライダー旧1号」のマスク。スケール表記はされていないのですが、大体1/2スケールぐらいの大きさと思われます。
私は発売された事を全く知らなかったのですが、東京に行った時にゲーセンで見て、そのどう見てもプライズの域を超えてるとしか思えないあまりのクオリティの高さに仰天しまして、慌ててプライズゲットが得意な熊本の友人に頼み込んで確保して頂きました(1000円掛かったとの事)。まったくもって感謝の言葉も無い次第であります。
通販サイトでも1500円前後で売られており、これ程のクオリティのものが送料を考えると2000円弱程度で手に入るとは全くもって恐ろしい世の中になったものです。(゚∀゚;)


仮面ライダー旧1号マスク「旧1号ライダーを細部まで忠実に再現!!」というパッケージの煽り文句に全くの偽りなしの出来です。
アンテナは細いから壊れそうで怖いなぁ、と思っていたのですが、ここは軟質パーツが使用されていて破損しにくくなっていました。細かいところまで気が配られてるのに感心しましたよ。

箱に取り易い様に取っ手が付いているとは、なかなか良心的なゲーセンです。
秋葉原だとこういうのは付いていない上、テロリズム級と言って良い程アームの力が弱かったっス……。

現在の仮面ライダーのスーツ等の製作を担当している「レインボー造型企画」から、「レインボーマスターワークス」と銘打って歴代ライダーの1/2サイズのレプリカマスクが発売されておりますが、どれも値段が15000円程度と物凄い値段でしてねぇ。欲しいけど到底手が届かない金額なので(本物の1/2の大きさですから被れる訳ではないですし)高嶺の花と化していたので、今回のプライズは非常に嬉しいです。1/2レプリカマスクでこの様に安い価格かつ高クリオティのものが発売されるなどという事は全くの想像の枠外であり、ただただ驚きを禁じえません。
1/2以上の大きさのライダーのレプリカマスクで、一般人も対象にした商品が出たのは史上初と思われます
仮面ライダー旧1号マスク 仮面ライダー旧1号マスク 仮面ライダー旧1号マスク
メタリックグリーンの塗装が映えて大変美しい……。いざ手にとってみたら頭の中で主題歌(2番目のやつ)がエンドレス状態になり(*´∀`) 、なんだか無性に被りたくなってきました(無理だけど)。
Cアイ(複眼)は当然の事ながらクリアパーツですが、写真や遠目では判り難いですけど顔面中央のOシグナルもちゃんとクリアパーツです。
実物と異なる点は、
● 眼の下の覗き穴がサングラス状ではなく黒い塗装(コスト削減の為にやむを得ませんわな)
● アンテナやネジが金属じゃなくプラスチック(これも当然コストの関係でしょう)
● マスクが左右対称(旧1号のマスクはちょっとゆがんでいて左右非対称らしいです)
● そもそも塗装が当時の物より遥かに綺麗(*´∀`) (実物の塗装はもっと地味だったハズ(゚∀゚;))
と言ったところでしょうか。
仮面ライダー旧1号マスク 仮面ライダー旧1号マスク 仮面ライダー旧1号マスク
プライズという事もあってか多少の擦り傷等はありましたが、まぁ実物も撮影で傷だらけだった訳だしリアリティってヤツだよな! と前向きに捉えております。(笑) 後頭部はかなりあっさりしてますね。
前述のレインボー造型企画の「レインボーマスターワークス」でも当然の事ながら「1/2スケール 旧1号マスク」が発売されており、大阪日本橋のヒーロー玩具研究所でこのプライズの割と近くにレインボー版が展示されていたので見比べてみました。
このプライズのメタリックグリーンの塗装は、実物の再現よりも見栄えを重視した為と思われますが、レインボー版の方は実物の色を再現しておりまして、その為単純に比較すると明らかにこのプライズの方が見栄えがします(笑)。覗き穴部分はレインボー版も黒塗装での再現の様ですし、形状はレインボー版の方が実物に忠実なものの(ゆがみとか)、少なくとも1万円以上の価格差程のクオリティの差は無いと断言できます。
私の様な貧乏マニアにはこのプライズはまさに救いですね。
仮面ライダー旧1号マスク 内側はこの様に空洞になっており、趣味と雑事の日記さんが電飾を仕込んで眼を光らせる改造をなされております。
またきゃらぶらいふさんでは電飾だけでなくクラッシャーの可動化にも挑戦されています。(ちなみに実物のクラッシャーは、マスクを被る時に先に被る帽子(剣道の面タオルみたいなもの)にゴム紐でくっ付いていました)

どうせなら1/2ではなく1/1(実物大)の実際にかぶれるマスク出してくれよ~というのが人情というものですが、昔ゼネラルプロダクツから1/1のレプリカマスクが色々出てましたけど、なんか現在ではもう出せないみたいで(聞く所によるとこういう実物大マスクかぶって犯罪やらかす輩がいたからだとか)残念な事であります。

ゼネプロの1/1マスクについては怪獣HERO芸術工房paranoiaレプリカマスクのコンテンツが、仮面ライダー旧1号のマスクの造形についての考察は仮面ライダーマスクさんが詳しいです。
スポンサーサイト
[ 2007/04/22 23:45 ] 玩具レビュー | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。