スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

元祖SDガンダム サザビー 

元祖SDサザビー元祖SDガンダム 32 「サザビー」

購入金額:定価480円+3%税

私の勝ちだな、アムロ! アクシズ落としはもう始まっている。

赤い彗星シャア・アズナブルの最後の愛機となったモビルスーツ「サザビー」の元祖SD版です。ライバルである「νガンダム」は元祖SDの記念すべきナンバー1(つまり1つ目)として発売されましたが、このサザビーはナンバー32であり、大分間が空いての発売となりました。


元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
殆ど赤一色であったカラーリングが功を奏して、元祖SDでも成形色とシールだけでかなり設定に近いところまで色分けされております。
背面の長細いプロペラントタンクは、これ以降0083まで流行りましたね。
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
側面から見ると、SD化によって強調された頭部のお陰で鳥を連想させられます。(初っ端の企画段階での名称はナイチンゲール(サヨナキドリ)でしたしね)
この元祖SD版の特徴は、やたら肩アーマーが角ばっておる点です。劇中ではこんなにカクカクしてないんですけどねぇ。逆にBB戦士版は丸すぎてキュベレイ的になってますが(笑)。
マスターグレード・サザビーもこの元祖SD版みたいにカクカクしているんですよね。最初見た時、元祖SD版に敬意を表しているのかと思いましたよ。(^_^; MG版サザビーは値段が高いくせに色々と問題のある代物ですから、さっさとVer.2.0を発売して欲しいものであります。
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
ビームショットライフルとビームトマホークが付属。ビームショットライフルは、劇中でポンプアクションでピームの形状を切り替えていたのが、ハッタリが効いていて好きですね。わざわざポンプアクションを行う必要がある構造には疑問を感じますが(笑)。ビームトマホークはファミリーソフトのFMタウンズ用ソフト「機動戦士ガンダム ハイパークラシックオペレーション」では最強武器の一つでした。一撃でカミーユが乗ったΖガンダム量産型(近藤版のアレ)が撃墜されたりとかね、もぅ。(^ ^;)
ビームサーベルは付属しませんが、武器セットから取ってきてねという事なんでしょう。
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
元祖SDガンダムはなにかしらウリになる固有のギミックを持っており、中には原作設定なんかクソクラエなギミックが搭載されている輩もありましたが(例:百式改)、このサザビーも頭部のコクピットハッチを開くとガトリングガンがせり出すというオリジナル・ギミックを備えています。
このガトリングガンはパイロットスーツのシャアにも換装でき、シャアの脱出遊びも可能ですが、原作の脱出ポッドで飛び出るというのとはちょっと違いますね。
まぁ玉っコロが出てくるよりもガトリングガンや生身のシャアの方が面白い訳ですが。(*´∀`)
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
ビームトマホークは劇中通りシールドの裏にマウント可能。
背面のファンネル・コンテナは取り外せるので、やろうと思えば近藤和久の「ジオンの再興」に登場する「MSN-04B サザビー陸戦用」に改造する事も割りと楽かも(割り切り具合にもよりますが)。

サザビーは初期段階では「ザ・ナック」という名称も検討されていた様ですが、やはり既に「ザナック」というゲームがあったから変更されたのでしょうね。
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
モノアイ部分のシールは別になっているので、貼り方によっては左右を睨んだ状態にする事も可能です。
武装はオーソドックスながら、元祖オリジナルギミックのお陰で思ったよりちょっと多い印象。

F91公開前までは本機が最強のライバル機の地位にあり、丁度SDガンダム・ブーム全盛期と重なっていた為、各SDワールドでも結構活躍が多かったです(特にガンドランダー第一章ではラスボス)。今度の三国伝でも登場する様ですね。
F91公開後もベルガ・ギロスの印象がイマイチ弱く、ビギナ・ギナはライバル機とは言いがたかったので、代表的なガンダムのライバル機というとサザビーという印象がありましたねぇ。

スパロボではなんだかんだで味方で登場するケースが結構多いですな。
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
残念ながらファンネルは外れませんが、しっかり色分けされているのがBB戦士より勝っている点ですね。値段が高いのだから、当然といえば当然でありますが。(  ̄▽ ̄)ノ
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
足の裏には穴が開いてますが、ハテ?何に使ったっけか?(@_@)
サザビーは足がデカすぎてカタパルトが使用できず、そのまま自分の推進力のみで発進しており、この背面斜め下からのアングルは発進シーンの印象が強いですね。
元祖SDサザビー 元祖SDサザビー
このパッケージイラストはスパロボでは使用しにくいポーズだった為か、たしかスパロボでは使用されなかったと思います。

「νガンダム」発売のえらく後になってからの発売となったのは実に不思議です。ヤクト・ドーガとか直ぐに発売されてるのにな……。まぁ元祖SDはノーマルのザクとか、意外に大物が抜けているラインナップだったりするんですけどね。(゚∀゚;)
ちなみにナンバー30は「ガンダムNT-1」、31は「璽威武装」、33はケンプファーでした。0080コンビと同時期に発売された訳です。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。