スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

FREEing 1/4 涼宮ハルヒ バニーVer 

FREEing 涼宮ハルヒ バニーVerFREEing 1/4 涼宮ハルヒ バニーVer

購入価格:定価9800円

FREEingから発売されたバニー姿の涼宮ハルヒです。先に発売された「朝比奈みくる バニーVer. 」に続く1/4スケール・バニー姿シリーズ(?)第2弾。
1/4スケールいう事で、かなりデカいです。(つ~ても、座っている姿勢なので大型ゾイドを見慣れているとそれ程でもないんですが)
日本橋のコトブキヤは7/8日・日曜日に販売開始だったので、出張って買ってまいりました。価格も9800円というかなり絶叫な価格。いやぁ痛い出費でした。(^_^;
前作のみくるは現在でも入手可能ですが、このハルヒは予約開始時も瞬殺だったうえ、実際に発売されてもやっぱり瞬殺だったみたいですね。2次出荷分はもう少し楽に入手できる様になる事を祈りたいです。

FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
価格が高いだけあってクオリティ的に申し分無し(そうでないと困っちゃいますが)。アニメ的ディフォルメで造形されている為、胴体にくらべて頭部がちょっと大きめな印象です(ポーズのせいもあるかも)。
このシリーズは網タイツに実物を使用しているのが特徴なのですが、ちゃんとしっかりと装着されておりまして、こうなると高くても実際に自分で作る場合の手間を考えると許容範囲かなぁという気になってきます。(笑)
バニーハルヒは最近他社からもいくつか出ていますけど、この本物の網タイツは、一見しただけで他社製品と一線を画する印象を与える事に成功していますね。
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
ただこのハルヒには難点がありまして、既にネットで色々言われておりますが、バニー服の胴体やウサミミ等、ツヤツヤテカテカの塗装がなされている部分がベタつきます!!従って、持つ時は地肌の部分か網タイツの部分を持つ必要があります。

また、ホコリが付着してしまった場合、取るのが大変なので、展示時は棚かケースが不可欠です。
ううむ、この塗装のベタつきは時を経れば治まるものなんですかね?(^_^; 
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer私はとしてはハルヒは制服姿はそれ程好きではないのですが、バニー姿はアニメ版で視聴者の度肝を抜いた傑作回である学園祭のエピソードのお陰でかなり気に入っておりまして、このFREEingのバニー・ハルヒは発表時から気になっておりました。
FREEingは新興メーカーみたいですが、前作のみくるがなかなかのクオリティだったのでこのハルヒにも期待していたのですが、通販サイトはどこもかしこも予約・即・瞬殺だったのには参りましたよ。もう少し長期間予約を受付けてもらわないと社会人には辛すぎですがな。(^_^;

今回は私にしては珍しく完全に定価で購入してます。(笑) 
大好評のためか早くも8月には2次出荷があるので(普通のフィギュアと異なり、一次出荷分から続いて製造ラインを動かしているという事でしょうなぁ)、こっちの方ならもっと安く買えそうな気もしましたが、こちらも例によって予約は瞬殺された上、通販でもアマゾン辺りですとどうもあまり値引かないみたいでしたからねぇ。
コトブキヤ店頭ですと定価売りとはいうものの、ここまで高額な商品だと即スタンプカード(500円につき1個押印で、15個満了で500円引き)が満タンになる為、実質500円引きではあるのですな。
コトブキヤは発売日の朝から行けばほぼ確実に買える様な感じで、加えてどうも8月以降交通費の関係で2次分をヨドバシで狙うのもややこしい事になりそうという事もありまして、思い切ってコトブキヤに出張って購入した次第です。

コトブキヤ日本橋店は、ゾイドのコトブキヤ限定パーツが続く限り、なんだかんだで利用し続ける運命にありますしねぇ。

FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
頭部はボールジョイントなので、取り外しと可動が可能です。初期状態では首に色移り防止用のビニールが掛かっているおり、それを取るには一旦頭部を取り外す必要があるので、購入者全員が1回は頭部を生首状態にしている訳ですな。(苦笑)
首が可動するのは、色々と表情をつける事ができてなかなか効果的ですね。
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
私としては顔はアニメ版に非常によく似ていて、クオリティ的に申し分ないと感じています。ただ、流石にこの大スケールでこうもバリバリのアニメ顔がドンと鎮座ましましていると、アニメ的にディフォルメされた頭身という事も相まって、ちょっと間延びというか、顔の中央あたりの間がもたないという印象も受けますね、近くで見ると。(^_^;
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
アップで見ると、微妙に口の部分の赤がハミ出していたり~(汗)。まぁここら辺はおそらく無水アルコールやガンダムマーカー消しペンで除去可能だと思われます。
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
ちょっと残念なのはバニーの尻尾の造形がえらく大雑把な感じな事で。もうちょっとなんとかならなかったのかなぁと 。まぁ素材が素材だけになんとかなり様が無いのかもしれませんが(゚∀゚;)。
指の爪はキッチリしとります。
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVerこの商品の服のベタつきと双璧をなすもう一つの難点は、ネットで通称「青痣」と呼ばれているものです。網タイツの染料が脚に転写されて青痣の様になってしまう欠陥で、私の購入した個体にもありました。Σ(´д`;)
うぅぅぅむ……。まぁこれはタイツの染料が肌の方に色移りしている訳ですから、アルコールを含ませた爪楊枝でタイツの網の穴から擦れば理論上は除去可能かと思いますが、面倒臭いなぁ(苦笑)。
どうも他のサイトのレビューみても、膝のあたりに色移りしている場合が殆どの様で、もしかしたら梱包に問題があるのかもしれせんね。

FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
座っているポーズという事もあり、パッケージは1/4というスケールから連想する程大きくはありません。箱の大きさならやっぱりアルター・フェイトの方がヤバい。
パッケージには数箇所穴が開いていますが、実質的に中身は確認できない仕様です。ブラインドですね。(^_^;
という訳で、痣の無い個体を選別するのは不可能に近いです。まぁそれ以前に店頭に選別する程残ってないと思われますが。私が購入したコトブキヤ日本橋店も、開店直後に行ったのですが売り場にあったのは4つだけでした。
FREEing 涼宮ハルヒ バニーVer
1/4だ。デカい。デカハルヒ。と言われているこの商品ですが、座っているポーズの為、全高はそれ程でもないんですよ。自作の展示ケースにもなんとか収まりそうな按配です。もちろん前後幅がありますからやっぱりボリュームは凄いですし、重量もありますが、ゴジュラス完成直後の様な「いったいこれをドコに展示すればよいのか……」という途方に暮れる印象はないですね。

高価な商品な上、ちょいと入手が大変(あくまで現時点ではですが)な商品ですが、ガレージキットよりは安い訳ですし、ハルヒ好きなら購入して損は無いと思われます。無論なるべく値引きの良い店で買うに越した事はないですけどね。(^_^)ノ


次に発売される鶴屋さんは、座っていたみくる、ハルヒと違って立っているポーズなので、かなり凄い事になりそうですね。値段も上がってますし。
私としては朝倉までラインナップを継続欲しいところでありますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。