スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

案の定福田かよ 

福田が総裁に選出され、そのまま総理に就任間違いなしとなったけど、こんなんで良いのかねぇ。こんな古い自民党の象徴みたいな人物が……。

福田と言えば親特亜で拉致問題には冷淡というスタンスである事は周知の事実であり、そういう人間が総理に就任する事により、拉致問題が大幅に後退しないか非常に憂慮する次第。
更に古賀が幹事長に就任する可能性大というニュースもあり、こうなると人権擁護法案が押し通される可能性も出てきて、一体日本はどうなってしまうのかと。

地方としては、小泉改革で疲弊したから小泉とは異なる路線を標榜している様に見える福田支持に回ったのかもしれないけど、短絡的じゃないか?
日本の不況の究極的要因は、中国の人民元が不当に安い事に尽きる訳だけど、ここで媚中派の人間が首相になったら中国相手にやりあっていけるハズが無い。
小泉の従米ぶりも大概な売国ぶりだったけど、今度は特亜関係でガタガタガタっと腰砕けにならないか心配。特に最初から、靖国参拝しないと明言している様じゃまったく話にならん。

まぁ安部の失政は「従軍慰安婦問題」や「靖国に参拝しなかった事」に尽きる訳だけど(年金問題は安部政権以前からの問題であり、安部は対処に乗り出した訳で失政ではない)、福田もこれについて民意と乖離した行動を取れば、結局同じ轍を踏むのではないかな。

兎にも角にも、中国がなんやかやと周辺国への攻勢を強めていて、拉致問題もより北朝鮮への強硬な姿勢が求められる時に(もう少し朝鮮総連辺りに鞭をくれてやってはどうか)、こういう人間が首相にねぇ。内政面で外交面のマイナスを帳消しにするぐらいのプラスがあれば良いのだけど、古い自民党にそれができるか大いに疑問という他無い。
スポンサーサイト
[ 2007/09/23 23:14 ] 時事関係 | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。