スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

祝! HD DVD完全敗北撤退 

http://www.toshiba.co.jp/about/press/2008_02/pr_j1903.htm

中国産毒入り餃子やイージス艦の漁船撃沈事件など暗いニュースが続く中、久々に明るい事件ですね。(^_^)ノ

予定より多少早かったですが、計画通りの結果です。以前から「HD DVDが日本で勝利する可能性はゼロ」「HD DVDハードは粗大ゴミに毛が生えたようなもの」と連呼してきた小生にとっては極めて想定通りに推移しており、自分の予測の正しさに自信を深めた次第であります。「HD DVD」の頭に「V」を付けてみれば「『VHD』 DVD」となる訳で、非常に立ち位置が明確となりますな(笑)。
やれやれ、これでようやくクソ目障りな劣等規格が消滅し(ま、自滅な訳ですがね)、ブルーレイに統一される……。折角ソフト発売のニュースが出ても「なんだHD DVDか……」とがっかりする事が無くなるのは大変喜ばしいです。なにより「トランスフォーマー実写版」がBDで発売される可能性が出てきたのが嬉しいですね。
いやぁ、ぶっちゃけ家電量販店のHD DVD売り場が目障りで目障りで仕方無かったんですよ。(苦笑)  HD DVDは消費者の利便性は二の次で、あくまでネット配信の体制が確立するまで市場を混乱させる為に投入されたものでしかなかったですから。
HD DVD派の方には大変申し訳ないですが、今回のニュースは私にとっては朗報以外の何物でもありませんわ。

●「BD陣営の主張は笑止千万」
http://www.phileweb.com/news/d-av/200603/31/15210.html
> 1080p再生については、「素人を騙すには良い主張かもしれないが、テレビセット側でiをpに変換すれば何の問題もない。また、HD DVDでも将来的に1080pの規格化を検討している」と述べた。

とか言いつつ、結局HD DVDでもミドルクラス以上では1080p再生機能を搭載してましたが……(苦笑)。ここら辺の変わり身の早さは橋下大阪府知事に通ずるものがありますな。まぁこういう転向文学の作者も真っ青な変わり身の早さは嫌いじゃないぜ。この判断自体は正しい判断ですしね。ちなみに1080p再生はBDレコーダーでもエントリー機に関しては搭載されない傾向にありますが、将来的には上から下まで全機種に搭載される様になると思われます。

●「BDは戦艦大和。年内には決着」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060331/toshiba2.htm
> BDは単に新しい分厚いレンズを使っていて、言ってみれば戦艦大和。文字色

大和は大和でも「宇宙戦艦ヤマト」の間違いだったようですな。ちなみに決着は2006年中にはつけられず……。

●「負けたら土下座する」
http://it.nikkei.co.jp/digital/special/disk.aspx?n=MMITea013031032006
> BDの方が規格として優れている可能性がないわけではない。そのときには土下座して謝りたい。
http://www.phileweb.com/news/d-av/200708/07/19022.html
> 「もしHD DVDを選んだユーザーから将来、『BDよりもHD DVDを選んで失敗した』という声が高まってきたら、私は土下座をして謝る」

一番反響を呼んだ発言(笑)。今回の東芝の撤退会見で、てっきり藤井氏が出てきて謝罪するのかと楽しみにしていたのですが、全然姿が見えないのに失望した! 土下座はどうした!?(爆) HD DVD敗北時の最大の楽しみだったのに~。あんだけ豪語しておきながら雲隠れとは男らしくないぞ~。
世界中の映画ファンだけでなくトランスフォーマー・ファンにも多大な迷惑を掛け、市場を悪戯に混乱させた罪は重い。心からの謝罪を見せて欲しいものです。カイジの利根川に匹敵する土下座を見せてくれれば私も納得しましょう。
ニュース映像だけだと観るのが大変なので、東芝のサイトにて720pと1080pで土下座映像のネット配信を希望したい。

●「HD DVDがBDに劣る点は何一つない!」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20060403/116109/
> 「以上、すべての面においてHDがBDに対して技術的に劣っていることはない」と藤井氏は締めくくった。

? HDがBDに対して勝っているのはどう見ても『音声フォーマットでドルビーデジタルプラスが必須であり、オプション規格となっているBDよりも最大ビットレートが高い』という一点だけで、後はことごとく劣っているのですけど。http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060324/sound.htm
「HDがBDに対して技術的に勝っている点は1つしかない」の間違いではないでしょうか。
BDより容量が劣る事もさる事ながら、特に映像と音声を合わせた最大ビットレートがBDに比べてかなり劣っているのが致命的です。これが響いたのか、先頃発売された北米盤HD DVD/BDの「2001年宇宙の旅」が、これまた先頃放送されたWOWOWの放送よりも環境によっては画質が劣るという事例が発生しまして……。このソフトはHD DVD用の映像データをBDにも使用している為、映像の最大ビットレートはBDも同一だったみたいなのですが、この事でHD DVDの最大ビットレートに対する不審の声も出ておりました。

標準の音声規格をドルビーデジタルではなくドルビーデジタルプラスにしたのはHD DVDの方が明らかに先進的で正しい選択だったと断言できる点です。BDの方でオプション規格な為、多くのソフトでドルビーデジタルプラスではなくドルビーデジタルで収録されるという自体を引き起こしてしまいました。DVDよりは最大ビットレートが高いとは言え、今更ドルビーデジタルってねぇ。Σ(´д`;)  はっきり言ってドルビーデジタルだのDTSだのはレガシーな過去の遺物だろ、常識的に考えて。BDはこの二つをこそオプション規格にするべきでしたわな。
BDはリニアPCM収録やロスレス収録のソフトが増えてきてますが、全部の音声がそうであるケースは少なく、吹き替え音声は単なるドルデジというケースが多いのがねぇ。全音声ロスレスで入れとけっていうんだ。ヾ(*`Д´*)ノ"
音声面でのネックは、BDの方では当分続きそうです。

あとHD DVDのインタラクティブ機能「HDi」もBDの「BD-JAVA」より優れているらしいのですが、これは画質音質に全く関係ないですからねぇ。DVDのインタラクティブ機能がさっぱり活用されていない事を見れば判る通り、映画ファンはインタラクテイブ機能なんざ殆ど重視しておりません。むしろ、そんなオマケのコンテンツに容量を割くぐらいならもっと画質音質に回してくれと私も含めて皆思ってます。「BD-JAVA」も、ディズニー以外では殆ど使われずに終始するのではないかと思いますね。(ディズニーは小さい子供も観るので、ミニゲームは結構喜ばれる模様です)

●「うちはしぶといです」
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070612/134040/

まぁある意味しぶとかった。もっと早く降伏してくれればもっと被害者は少なくて済んだのに……。
できれば発売前にね。

● もうちょっとBDも正々堂々とやればいい
http://ascii.jp/elem/000/000/080/80473/

これ以上BD陣営がどう正々堂々とやればよいのか、私めの凡愚な頭脳では思いつきません。
どう考えても卑劣なデマを垂れ流していたのは東芝の方ですが……。

● 「BDをお求めいただいた方に申し訳ない」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071005/ceatec16.htm

今こそ「HD DVDをお求めいただいた方に本当に申し訳ない」という謝罪の言葉を聴きたいですな、藤井サン。

それにしても「HDがBDに対して技術的に劣っていることはない」だの「HD DVDはDVDと互換性があるがBDはDVDと互換性が無い」だの「HD DVDはBDより低コスト」「HD DVDプレーヤーは北米で6割のシェア」「HD DVDは北米では優勢」「PC搭載ドライブではHD DVDが6割」等々、よくこれだけ嘘八百を並べ立てられたものですなぁ。東芝が次々と繰り出してくる偏向報道にはホトホト呆れ返らせられました。

技術面については前述の通りですが、互換性にしたって現行のDVDが再生できないBDプレーヤー・レコーダー・ドライブなんてこの地球上で市販されとらんでしょうが。そもそもDVDとBDぐらいには、DVDとCDも異なるんですけど。でもちゃんと再生可能ですよね(笑)。CDと同サイズのディスクである限り再生は可能なわけですが、ここら辺、偏向報道を見てコロリと騙されて勘違いなされて「BDハードではDVDが再生できず、ソフトは全部買い直しが必要」と信じている方も多いみたいでしてな~。以前ダウンタウンの松本もプレイボーイ誌で同様の勘違いぶりを露呈していたのには苦笑しましたわ。(何故か世間一般では松本を知識人扱いする風潮がある様ですが、これには疑問を感じざるをえません)
そもそもCD/DVDとの互換性を維持する為に、意地でCDと同サイズのディスクに拘ってる訳で~。
HD DVDがDVDと互換性があると言い張ったところで、普通のDVDプレーヤー/レコーダーでは再生不能であり、実質BDと全く変わらないので意味ないです。DTS-HD Master Audioがコア部分は従来のDTSデコーダーで再生な様に、SD画質になるけど従来のDVDハードで再生可能というのだったら、また話は違ったのですけどね。(その場合はHD DVDが勝っていたでしょうが)

「HD DVDはBDより低コスト」というのも、HD DVDソフトとBDソフトが同価格で販売されている時点でもう話にならんというかね。北米ではプレーヤーは安かったみたいですけど。
その「北米では優勢」と連呼していたのも、昨年末の商戦では「ハリポタ」「300」等同じタイトルでもBDの方が販売本数が多く、これがワーナーの転向の引き金になった訳で一体なんだったんだろうかと。日本からでは北米の状況はよく判りませんから、日本人を騙す為の欺瞞情報だった様に思いますね。
「PC搭載ドライブではHD DVDが6割」に至っては、もうこの地球上の何処にそんな状況が現出しているのかと。どうみてもBDドライブを採用した市販PCの方が多いんですが。(^ ^;)

それと、東芝がしきりに連呼している「HD DVDとHD RecはDVDフォーラムで策定された規格」という件についてですが、東芝以外はBDアソシエーションの方で協議していて、DVDフォーラムは現在では東芝の一人相撲なんですけど。そりゃ1人しか居なけりゃなんだって策定し放題ですわなぁ。(笑)
スポンサーサイト
[ 2008/02/24 21:42 ] Audio Visual | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。