スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

ダイナミックプロが開設した絶版ラノベ配信サイトには頑張ってほしい 

■ 絶版ラノベ配信サイト、ダイナミックプロが開設 〔 ITmedia
■ 「出版界、このままでは崩壊する」――ダイナミックプロ、絶版ラノベ・SFを電子書籍化

永井豪率いるダイナミックプロがライトノベル・SFの絶版本を電子書籍化して配信する ダイナミックアークというサイトを立ち上げましたが、これは非常に素晴らしい試みですね。
ラノベも既に20年以上の歴史となっており、それに伴い老舗のスニーカー文庫なんかは絶版タイトルも膨大な数に上っており、私としてもこれは文化的損失であると憂慮しておりまして、オンデマンド配信を開始すべきではないかと考えていたのですが、遂にやってくれるところが出てきましたか!
古本屋巡りをしてもそうそう目的のものが見つかる保証は無く、無いものはなかなか見つからず悔しい思いをする事もしばしばですので、こういうサイトが出てきてくれるとホント助かります。
一度購入すれば後はいつでもどこでもアクセスさえできれば閲覧可能との事ですから、1冊315円という料金体系はかなり良心的だと感じます。 電子書籍化するのにはそれなりに手間も掛かりますしね。
新品で買うよりは明らかに安いですし、閲覧期間が限定されている訳では無く、サイトが存続される限り永久に好きな時に読む事が可能な訳ですから。手軽に手に取っては読めないというデメリットもありますが、反面場所を取らないとか劣化しないというメリットもありますし。読みたいタイトルの配信が開始されたら是非利用したいです。
よくある動画の有料ネット配信は金取るわりに視聴期間を限定していて著しくコストパフォーマンスが悪い為、有料動画配信サイトはビジネス的に成り立っていない様ですが(料金高すぎですよね)、この小説配信は一度料金を払えばサイトが続く限り未来永劫好きな時に読めるという事ですから、ユーザー側はかなり気楽に利用できますので、充分ビジネスとして成り立つと思います。

サイトの成否はいかに配信タイトルを充実させてくれるかに掛かってますね。 配信予定タイトルでは「未来獣ヴァイブ」なんか結構大物ですが、やはりラノベのメインストリームである角川系のタイトルをどれぐらい出せるかがサイト隆盛の鍵と言えるでしょう。
スニーカー文庫も今となっては黎明期の作品で現在も重版されているのは「ガンダム」と「ロードス」ぐらいのものじゃないですかね。今「聖エルザ クルセイダーズ」とか「ルナ・ヴァルガー」とか入手しようとしたら結構大変ですからねぇ。この機会に「ガイア・ギア」はなんとかならんものか……。
ソノラマ文庫も「青の騎士ベルゼルガ物語」とか「クルーズチェイサー・ブラスティー」とかもう新品では手に入らないので、ここら辺を是非配信して貰いたいところです。

なんか第1弾のラインナップの表紙を見るに、今風のイラストのが多いのがちょっと疑問だったのですが、これらは竹書房の「ゼータ文庫」で出ていたやつだったのですね。なんかこのレーベルは近年創刊されたにも拘らず、1年程で速攻で潰れた様で。竹書房は昔一度「ガンマ文庫」で痛い目見ていたというのに、10年経ってもまたしても同じ愚を繰り返すとは……。(苦笑)
同じ様にレーベル自体が消えうせた、大陸書房ネオファンタジー文庫とかログアウト冒険文庫とか小学館スーパークエスト文庫のラインナップなんかも救済してやって欲しいところです。スーパークエスト文庫から出ていたマクロスの小説とか、今出せれば非常にタイムリーなのですが……。

あと本質的な問題として、PCのモニターはあまり長時間小説を読むのに適していないというのがあります。これは将来的にはスタートレックのパッドみたいなデバイスが普及して解決されるのが明白ですが、今は24世紀じゃないですからねぇ。取り敢えずなんらかの方法でニンテンドーDSでの閲覧も可能にして貰いたいところですね。これなら通勤中にも読み易いですし。
スポンサーサイト
[ 2008/04/11 21:43 ] 書籍 | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。