スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

コードギアスR2 第2話 

うお~、第1話に話を掛けて第2話は更に面白いなぁ。卜部さんが恰好良すぎてもう1回見直してしまいましたぜ。1期から間を空けた分、脚本演出を十分煮詰める事が出来たと言う事でしょうか。 (まぁその割には修正必至な作画ミスをやらかしてはおりますが)
う~む、これから先もこのレベルをキープしたまま話が展開する事に期待したいですな。
実はこの第2話の内容は、直前に店頭配布が開始されたでBEATマガジンで多少ネタバレしておりまして、第1期ラスト直後の展開が早くも語られる事や、ロロがギアス持ちである事は事前に分かっていたのですが、やはり謎として暫く秘匿されるものと思っていたが第1期ラスト直後の展開が早々と開陳されたのは良い意味で裏切られましたね。しかもOPで示唆された皇帝がギアス持ちである事まで早速明確になりましたし。謎として引っ張るのかと思わせた事項を次々にさっさと語っていくのは、ひょっとしてエヴァ以降多数量産されたマニア向けロボットアニメへのアンチテーゼでしょうか。こうなるとコードギアスには、最終的にファフナー、ヒロイックエイジ級の傑作になる期待が持てますねぇ。

前回カレンはゼロ=ルルーシュである事に納得している様に見えたけど、実は全然納得していなかったか! ルルーシュも素直に「初期の頃実験的にギアス掛けてみました。スンマセン」と謝ればよかろうに、恰好悪いからか?(苦笑)
第1期ラストの後、カレンはルルーシュを見捨てて撤収してたんですな。折角扇が指示してゼロの後を追わせたというのに、そりゃないぜ~。(この事から存外扇は目聡い部分があると推測されます。)

それにしてもスザクはルルーシュの拘束はともかく、よく他の連中に知られずにルルーシュをブリタニア本土にまで運べたものだ。この過程も気になるところで~。
記憶操作は皇帝のギアスでしたか。他の連中と違って両目にギアスマークが浮き上がってますが、何か機能的に違ったりするんですかねぇ。
スザクはちゃんと記憶を保持したままである事が明らかになりましたが、学園の皆がロロの事を疑問に思っていないのはどういう事なのだろう。全員皇帝が謁見してギアスを掛けたのか、ロロのギアスでも記憶操作が可能なのか。

嗚呼それにしても卜部さんが、卜部さんがぁ~。黒の騎士団にとって貴重な優秀なパイロットがお亡くなりに。散り方が格好良すぎですよ。 第1期では大して目立たなかったキャラなのに、2期開始早々目立ってて、死亡フラグ的に危ないなぁとは思ったのですが……。どうも月下には脱出コクピットが装備されてなかったっぽいですねぇ。
月下通常型のプラモ化の暁には、付属パイロットは卜部にして頂きたい。

それにしても、あのランスロットの量産型の強さは反則だろ!
ロロがパイロットですから、あの瞬間移動もギアスの応用か何かではと思うのですが……。

中華連邦が部屋まで提供してくれてるのは、ゼロがあの宦官に速攻でギアスを掛けて従わせてるという事なんだろ~か。ルルーシュはまたギアスが常時発動したままに戻ってますが、学園生活どうするんだろうね。
スポンサーサイト
[ 2008/04/15 23:58 ] アニメ | トラックバック(1) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


コードギアス 反逆のルルーシュR2 第2話 「日本 独立 計画」

【あらすじ】 神根島で放たれた銃弾の末は?果たしてルルーシュとスザクに何があったのか? 今、明かされるルルーシュ変貌の秘密!! ...
[2008/04/16 17:46] URL Shooting Stars☆



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。