スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |

米映画大手MGM、ソニーとのDVD販売委託契約を解消 

米映画大手MGM、ソニーとのDVD販売委託契約を解消 [ IT-PLUS ]
ソニーとの販売契約を解消 米MGM [ 共同通信 ]

ええぇ~!? この間、20世紀FOXからSPEにMGMのDVDの販売権が移って(SPEのサイトの告知ページ)、FOXから出ていた「アルティメット・エディション」シリーズからもMGM作品はごっそり消え失せたどころか、そもそもFOXのサイトからMGM作品のデータが消されたばかりだってのに、もう元の状態に戻るって訳ですかい?
何の為にFOXから出ていたのが廃盤になったのか訳わかんねぇよ。アレは一体なんだったんだ……。
まぁこの廃盤になったFOX盤のラインナップが軒並み復活するという事になるんでしょうかねぇ。

つ~かさ、ソニーはMGMを買収した訳だから、てっきりMGMの生殺与奪の全権を握っているものだとばかり思ってましたよ。このニュースを見る限りどうも違う様ですね……。
SPEはMGM作品のUMDも出していますが、これも販売終了になってしまったりするのでしょうか。


DVDに詳しくない方からすると何のこっちゃという感じでしょうが、MGMは自社でDVDを発売しておらず、他社と販売契約を結ぶという形をとっている為こういう事が起きる訳で……。この件は「さまよえるMGM」問題として、洋画DVDファンにとっては結構有名だったのですよ。
DVD黎明期においてはMGM作品はワーナーから出ておったのですが、しばらくしてFOXが販売権を獲得して、ワーナーに権利自体が移行していた「2001年宇宙の旅」等以外はFOXに移動する形になり(当時FOXは高価格政策を採っていた為、ワーナー盤にくらべて値上げになってしまいムカつかされましたわ。今では解消されましたけど)、それ以来ずっとFOXがMGM作品も出すという状態が長らく続いておった訳です。
しかしながらブルーレイのラインナップ強化を目論んだソニーがMGMを買収し、MGM作品はSPEに移管されてこれで完全に落ち着いたかと思われたのですが……。
これはまだまだMGM作品の流浪の旅は終わりそうに無いですねぇ。

「007」や「仮面の男」、「ビートルズ・イエローサブマリン」等、ワーナー盤・FOX盤の2種が存在した作品は結構ありますが、「スーピーシーズ 種の起源」なんかは仕様は異なるものの、ワーナー、FOX、SPEと3社から発売された事になります。

販売権が戻った事を契機にFOXには、「スターゲイトSG-1」の権利をカプコンから取り上げて自分トコで出して欲しいですな。SPEがMGMの販売権獲得した時に、SPEから改めて出るかと思いきや、あろう事かSPEはカプコンに「スターゲイトSG-1」の販売権を与えやがったんだよ! 高いんだよなぁ、カプコソから出ると。第1・第2シーズンのBOXを出したFOX盤を引き継ぐ形で第3シーズンから発売開始されたけど、FOXの時の2倍の値段だぜ!! そりゃあアニメDVDのイカレた値段にくらべりゃまだマトモな金額ではありますがね……。
FOXにゃ第1・第2シーズンを再販すると共に、同額で第3シーズン以降を改めて販売して欲しいです。
スポンサーサイト
[ 2006/05/31 22:35 ] Audio Visual | トラックバック(0) |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。